PTAの皆様のご協力に感謝!

いよいよ明日、学校祭です。

21日(土)の午後からたくさんのPTAの皆様にご協力いただき、学校祭の準備が着々と進められております。大変ありがたいことです。

明日は天候も心配されますが、学校の中は、元気な子供たちと活気あるPTAの皆様とで充実した一日になるよう願っております。

 

 

10月22日 お待ちしています

 

今年度の学校祭スローガンは

「心はひとつ! 笑顔と感動あふれる学校祭」です。

午後から5、6年生が学校祭の準備を行いました。

 

 

知恵を出し合い、せっせと働いていました。

     

     

     

     

階段の踊り場には、各学年ごとにステージ発表や係の仕事の目当てが掲示してあります。その目当てを見て感心しました。

     

子供たちは、心を込めてステージ発表を行います。どうぞお楽しみください。

 

今朝の児童玄関前の様子です

肌寒くなってきましたが、西条っ子は今日も元気に登校しました。

6年生が落ち葉掃きをしてくれています。

交通指導員さんは、登下校時、西条っ子に元気に声をかけてくださいます。学校横の路地では、毎日教員が安全を確保しています。校門に入ってきた子供たちを迎える教員や児童会運営委員もいます。

 

         

プランターは、パンジーやビオラの出番になりました。

玄関横の一画には、「伸びる子」の像があります。昭和54年度にPTAから寄贈していただいたものです。2人の子どもが持っているのは、月桂冠でしょうか。月桂冠は勝利と栄光の象徴だそうです。その上には西条小学校のシンボルでもある小鳩がとまっています。この像をじっと見ていると、伸びよう、高まろうとしている子供たちの日頃の表情や姿が目に浮かんできました。

   

明後日は、いよいよ学校祭。

今日は、どの学年も落ち着いて本番を迎えられるように、準備を整える一日です。

本日、西条っ子は欠席ゼロです。いい一日にしたいと思います。

 

 

6年 落ち葉掃き 

学校前のハナミズキが葉を落とし、冬支度を始めました。児童玄関前や歩道にはたくさん葉が落ちています。

今日から6年生は、落ち葉掃き清掃を始めました。毎朝、クラスから2名ずつ、順番に掃除をします。

学校のためにできること、自分たちにできることにこれから精一杯取り組んでいきます。

トップバッターのグループは、側溝にたまった落ち葉もきれいに取り除いてくれました。日曜日の学校祭、敬老会にお客さんに気持ちよく来ていただけるよう一生懸命取り組む姿に、6年生としての自覚と責任を感じました。

   

 

「学校祭に向けてがんばっているみなさんを応援します!」

給食の時間、みんなが一斉に司書さんからの放送に耳を傾けました。

学校祭に向けてがんばっている子供たちへ、司書さんからのプレゼントです。

今週末から月曜日にかけて、読書で鋭気を養ったりリラックスしたりしてほしいという願いから、今日は2冊借りられるスペシャルデーでした。チャイムと同時に、たくさんの子供たちが図書室にやってきました。

 

 

意中の本をさっと2冊借りていく子、中を開いてじっくりと選んで借りていく子、借りた本を読み始める子・・。カウンター前には長い行列ができました。

                     

図書室前のコーナーは、現在「ともだち」をテーマにして、司書さんセレクトの本が並んでいます。

いつも特設コーナーは大人気で、たくさんの子供たちが本を手に取っています。

図書室は、今日も満員御礼です!

 

【おしらせ】

学校祭当日は、図書室を開放しています。保護者のみなさんもどうぞご利用ください。親子での利用も大歓迎です。

土曜学習〈農業体験〉~収穫編~

10月14日(土)、土曜学習が行われました。6月に植えたさつまいもの収穫です。

JAたかおか青年部の皆様のご協力のもと、PTA父親委員会が中心になってお世話をしてきました。


残念ながら、収穫量は思ったほどではなかったのですが、友達同士、または親子で楽しくいもほりができました。

新しい本が入りました!

「図書室に、新しい本が88冊入りました。みなさん、ぜひ読んでみてください。」
今日の給食の時間、司書さんからの放送が入りました。1、2年生の教室から、
「わぁ~い!」「やったあ!」
と、歓声が上がりました。西条っ子は本が大好きです。
  

 図書室は、子供たちが本を手に取りたくなるような工夫がいっぱいです。

読書の秋。秋の夜長に、家族で読書もいいですね。

高岡万葉まつり 10月6日(金)~8日(日)

6日(金)から8日(日)までの3昼夜をかけて、高岡万葉まつりが行われました。本校児童もたくさん参加しました。

本丸広場では、5年生が制作したかざぐるまが、心地よい風を受けてくるくると回っていました。各校から集まったかざぐるまが一斉に回っていて、まるで草原のようでした。かざぐるまの一つ一つには子供たちの夢や願いが書かれていました。
 

高岡市立博物館松聲庵では、本校と定塚小学校の茶道クラブの児童が、お手前のお運びをしました。茶道クラブの村谷先生は、「『どうぞ、ごゆっくり。』『おさげいたします。』という優しい言葉遣いをすることで、心穏やかで落ち着いた子供になっていきますね。」と目を細めておられました。雨上がりの松聲庵のたたずまいと奈良時代の衣装に身を包んだ子供たちがとてもマッチしていました。

中の島の水上舞台では、万葉集の朗唱が行われました。本校は6年生児童5名が参加しました。
 
3首を朗々と詠み上げました。堂々としてのびやかな5人の声が、会場に心地よく響きました。

秋じたく

昨日の委員会の時間、夏苗のプランターの片付けを行いました。きれいな花を咲かせてくれたマリーゴールドやサルビアともお別れです。もうしばらくすると、パンジーやビオラの季節です。

さて、これは何の茎でしょう。

西高さん側の花壇に植えてあった4年生のアサガオの茎です。かなり太くてごつごつとした感じです。鉛筆と比べると、その太さが分かります。立派なグリーンカーテンを作ってくれました。グリーンカーテンもそろそろおしまいです。

児童玄関前のアサガオとふうせんかずらは、たくさんの種をつけました。


あとほんの2メートルくらいで4階上の屋上に届くところまで伸びたアサガオ。子供たちは、「天までとどけ!」と、毎日楽しみにしていました。来年はきっと屋上まで届くはず!

西条ファームでは、さつまいもが収穫を待っています。まだまだ楽しみは続きます。