学校祭に向けて~6年劇~

学校祭の劇「人間になりたがった猫」の練習を初めて衣装を着て行いました。

猫や衛兵などの役の格好をし、今まで以上になりきって演じることができました。

6年生にとっては最後の学校祭です。演技だけでなく、劇の中では照明、音響、大道具の配置なども子供たちが分担してこなします。

本番までの 残りの数日、自分たちで高め合い、励まし合いながら更に演技に磨きをかけていきます!

どちらがおおい

1年生の算数の授業「どちらがおおい」の授業の様子です。

どちらのペットボトルにたくさんの水が入るのかを比べる方法を考えました。
 
 
隣の友達に自分の考えを伝え、意見を求めます。伝える対象がはっきりとしているので、相手の反応を確かめながら話すことができます。
全体の話合いの場では、自分の考えと比べながら友達の考えを聞くことができるようになってきました。自分の考えが友達に伝わったとき、友達の考えがよく分かったとき、子供たちの表情はキラキラとします。分からないときは、じっと黒板を見て考えます。

考える「間」です。

自分たちで方法を考え、答えを見付けた時、「分かった!」「やった!」が教室のあちこちから聞こえます。

考える「間」を大切にした授業をこれからもずっと続けていきたいと思います。

高岡万葉まつり 10月6日(金)~8日(日)

6日(金)から8日(日)までの3昼夜をかけて、高岡万葉まつりが行われました。本校児童もたくさん参加しました。

本丸広場では、5年生が制作したかざぐるまが、心地よい風を受けてくるくると回っていました。各校から集まったかざぐるまが一斉に回っていて、まるで草原のようでした。かざぐるまの一つ一つには子供たちの夢や願いが書かれていました。
 

高岡市立博物館松聲庵では、本校と定塚小学校の茶道クラブの児童が、お手前のお運びをしました。茶道クラブの村谷先生は、「『どうぞ、ごゆっくり。』『おさげいたします。』という優しい言葉遣いをすることで、心穏やかで落ち着いた子供になっていきますね。」と目を細めておられました。雨上がりの松聲庵のたたずまいと奈良時代の衣装に身を包んだ子供たちがとてもマッチしていました。

中の島の水上舞台では、万葉集の朗唱が行われました。本校は6年生児童5名が参加しました。
 
3首を朗々と詠み上げました。堂々としてのびやかな5人の声が、会場に心地よく響きました。

秋じたく

昨日の委員会の時間、夏苗のプランターの片付けを行いました。きれいな花を咲かせてくれたマリーゴールドやサルビアともお別れです。もうしばらくすると、パンジーやビオラの季節です。

さて、これは何の茎でしょう。

西高さん側の花壇に植えてあった4年生のアサガオの茎です。かなり太くてごつごつとした感じです。鉛筆と比べると、その太さが分かります。立派なグリーンカーテンを作ってくれました。グリーンカーテンもそろそろおしまいです。

児童玄関前のアサガオとふうせんかずらは、たくさんの種をつけました。


あとほんの2メートルくらいで4階上の屋上に届くところまで伸びたアサガオ。子供たちは、「天までとどけ!」と、毎日楽しみにしていました。来年はきっと屋上まで届くはず!

西条ファームでは、さつまいもが収穫を待っています。まだまだ楽しみは続きます。

 

学校祭に向けて

今週からステージ発表の体育館練習が始まりました。どの学年も気持ちが盛り上がってきたようです。

今日の練習の目当ては何でしょう。大きな声を出すこと・・。よい姿勢をすること・・。
何も特別なことはありません。普段の授業で気を付けていることばかりです。日頃の学習の成果を発表できるよう、当日まで目当てをもってがんばります。

1年生〈アリババと40人の盗賊〉

 

2年生〈熱闘 2年生〉
    

3年生〈英語となかよし〉
  

4年生〈魔界とぼくらの愛戦争〉
  

5年生〈Believe Smile Again アルルの女・第二組曲よりファランドール〉
  

6年生〈人間になりたがった猫〉
 

どの学年にも、友達同士アドバイスし合う姿が見られました。

 

自作童話大会 最優秀賞を受賞

第70回県少年少女自作童話大会の高岡市大会が開催され、本校5年生の上田佳音さんの「おばあちゃんからのおくりもの~カノンのばら」が見事、最優秀賞に輝きました。祖母が丹精込めて育てたばらの花を通して、ファンタジーな世界と祖母との心の触れ合いを表現力豊かに堂々と発表していました。この自作童話は10月22日の学校祭や県大会でも発表します。どうぞお楽しみに。

4年総合 ハーブの学習

9月28日(1組)、29日(2組)に小矢部市でハーブ園をされている金丸先生をお招きして、ハーブについて教えていただきました。5月の終わりから大切に育ててきたハーブを収穫し、ハーブティー(レモングラス、シナモンバジル)やハーブピザ(シナモンバジル)、バジルソース(シナモンバジル)をつくり、みんなでいただきました。
子供たちは、ハーブのいい香りやハーブを使って様々な料理ができることに驚いていました。ハーブのおいしさに何度もおかわりをする子供もおり、とても楽しい時間となりました。

        

あいさつスターバトンパス

9月19日(火)から運営委員会が企画した「あいさつスターバトンパス」を行っています。大きな声であいさつをした児童を毎朝3名ずつ選び、お昼に放送で紹介しています。1階廊下には、あいさつスターたちの顔写真と「あいさつをするときに気を付けていること」「あいさつのいいところ」が書かれた紙が掲示してあります。
あいさつスターが増え、西条小学校に元気な声が響くようになってきました。