白ばとスター集会

本日、「白ばとスター集会」が行われました。

「白ばとスター集会」は、特技をもつ児童が、その技を披露する場です。

例年は見学自由な中で発表を行っていましたが、今年はインフルエンザの影響もあり、演技を撮影して後日放送する形に変更して行いました。

練習時間の少ない中で運動や歌など、様々な特技を披露しました。

きれいな音色だね ー5年箏体験ー

5年生は音楽の学習で箏を体験しました。

 

箏と尺八の先生に来ていただき、教えていただきました。

まず、箏も尺八も中国からやってきた楽器であることや、箏は13本の弦からなっていることなどを丁寧に教えていただきました。

次に、箏と尺八による「こきりこ節」や「花は咲く」、「春の海」などを先生方が演奏してくださいました。子供たちは、間近で聞く綺麗な音色にうっとりとした様子でした。

箏を弾く体験では、「さくら」を弾けるようになることを目指して練習しました。

弾く姿勢や、力強い音にするためのコツを分かりやすく教えていただき、子供たちは楽しみながら練習していました。

     

そして、授業の最後には、全員でそろえて演奏会を行いました。短い時間でも、みんなと合わせて演奏できるまでになり、充実感を得ていたようです。

 

【児童感想】

・ピアノは調律師さんが調律するけど、箏は毎回、自分達で調律するということを聞いてびっくりしました。

・尺八は5つしか穴がないのに、顔を動かしたりして色々な音を出せることに驚きました。

・音楽では「ド・レ・ミ」だけど、箏の楽譜は「一・二・三」となっていることが分かりました。

・はじめは、弾くのが大変で難しかったけど、最後には上手く演奏できて嬉しかったです。

 

6年生出前授業

6年生は、高岡西部中学校の先生の出前授業を受けました。

1組は国語の学習でした。「春」の詩を音読したり、気付いたことを書き込んだりしました。情景を想像して、作者の気持ちを考えました。

2組は、英語の学習でした。英語での質問に答えたり、ゲームをしたりして英語に親しみました。

 

 

 

 

 

 

各教科の先生から出る宿題を忘れないことや英単語を繰り返し書いて覚えること等、きちんとやり遂げる力が大切だという話もありました。中学校入学を前に、子供たちにとって中学校の授業の仕方や進め方等に触れるよい機会となりました。

西条商店街でお買い物

1年生は国語科で「ものの名まえ」の学習を行いました。身の回りにあるいろいろなものの名前を集めて、お店屋さんごっこをしました。たくさんの商品カードをつくり、お店屋さんとお客さんになって受け答えの仕方を学びました。「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」、「○○はありますか」「○○を□こください」など、元気に声をかけ合い、西条商店街は大賑わいでした。

  

募金タワー

運営委員会が中心となって、全校児童に募金を呼びかけました。
たくさんの人たちが募金してくれ、寄せられた善意によって
新名所「西条タワー」(募金タワー)が建ちました。
集められたお金は、現在は保管してありますが
この後、社会福祉協議会やユニセフ等に送られます。
ご協力ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

租税教室

税理士さんを招いて、6年生を対象とした「租税教室」が行われ、税金の仕組みについて学びました。

子供たちも消費税を通して税金を払っていること、小学生1名に約90万円、西条小学校だけで約2億6000万円の税金が使われていることなどを知りました。
最後に、1億円に相当する紙の束を持ち上げ、その重さに驚いていました。

 

次代を担う子供たちが、租税の意義や役割を正しく理解し、税金を納め、その使い道に関心をもち、さらには納税者として社会や国について主体的に考えるようになってほしいと願っています。

第3学期始業式・校内書初大会

本日、第3学期の始業式が行われました。

校長先生からは、「どんぐりは冬の間にたくさん栄養を貯めて春に芽を出します。みなさんも、3学期の間にたくさん学習し、たくさん友達のことを考えて行動して、新しい学年に向けて力を蓄えましょう。」というお話がありました。

2時間目には1年生から4年生が、3時間目には5,6年生が書き初めを行いました。

どの児童も集中して、真剣に取り組んでいる姿が立派でした。

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます     

昨年は本校の教育推進にご協力いただき
ありがとうございました

本年も変わらぬご支援を
よろしくお願いいたします

 

平成31年 元旦

第2学期終業式

12月21日(金)、平成30年度第2学期終業式が行われました。

始めに賞状伝達が行われました。

 

 

 

 

 

校長先生からは、各学年の児童の頑張りの紹介がありました。

道徳の授業で「思いやりの行動を取れば、自分も人も気持ちよくなる。」と考えた児童の意見の紹介や17日間の休みを、「自分のためだけでなく、家族のためにできることを頑張ってほしい」というお話がありました。

西条っ子土曜学習「ミニ門松作り」

横田公民館主事 新井 郁夫先生を講師にお招きし、西条公民館主催による

西条っ子土曜学習「ミニ門松作り」が行われました。児童42名と保護者や地域の方々を合わせ約100名が参加されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルの素敵な門松が出来上がると子供たちは、とてもうれしそうでした。

2019年は手作りの門松で新年を迎えられそうですね。

新井郁夫先生、西条公民館の方々、保護者の皆様ありがとうございました。