フッ化物洗口説明会

7月23日(月)の保護者会の折に、学校歯科医の先生より、保護者にフッ化物洗口について説明がありました。多数のご参加をいただき、ありがとうございました。

高岡市では、むし歯の減少につなげたいと考え、市内の全小学校での導入を考えています。希望する児童には、2学期より週1回の洗口を行います。

環境保全功労者等環境大臣表彰受賞祝賀会

7月22日(日)、西条公民館にて受賞祝賀会が開かれました。

高岡市教育委員会教育長、西条校下連合自治会長、高岡市議会議員の皆さま、地域の皆さまに参加いただき、受賞をお祝いしました。

これまでの卒業生、保護者、PTA役員のみなさまのおかげによる受賞だと思います。感謝申し上げます。これからも、環境美化の伝統を引き継いでいきたいと改めて感じました。

 

しおりを拡大してご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 

 

PTAより記念のマグネットをいただき、子供たちに配布しました。ご覧ください。

 

5年生 にこにこふれあい隊

5年生は総合的な学習の時間で福祉について学習しています。

「にこにこふれあい隊」として1組は17日に、2組は20日に地域の高齢者向け福祉施設「高志の郷」を訪問しました。

子供たちは、この日に向けてどのような活動をすればお年寄りに喜んでもらえるのか考え、準備をしてきました。

 

歌や折り紙、じゃんけんゲームなどを通して交流しました。

子供たちも、お年寄りのみなさんも笑顔あふれる温かい雰囲気に包まれていました。

非行防止教室

7月18日(水)、西条校下青少年補導委員会、高岡警察署の方をお招きし、非行防止教室を行いました。

 

 

 

 

 

7月中旬から夏休みの間に、普段ならしないことをして補導される子供が多いそうです。そこで、この時期に各学校で非行防止教室を開いているということでした。

最初に、DVDを視聴しました。悪いことだと知りながら、友達に誘われて万引きをしてしまった中学生の話でした。

その後、高岡警察署の署員の方からお話がありました。

万引きは窃盗罪という犯罪である。
自分の心を傷つけるし、家族も悲しむ。
万引きをされて潰れるお店もある。
信頼を取り戻すには、時間が掛かる。
仲間はずれになることと犯罪者になることのどちらを選ぶか。

万引きを繰り返したために、更正施設に入り、学校へ来ることができなくなった子供もいる。

人の悪口をネットに載せたため、名誉毀損で検挙された小学生もいる。

やっていいこと・悪いこと、自分の物と他の人の物を判断できる人になってほしい、ということを具体例を挙げながらお話されました。

子供たちは、万引き防止のティッシュをもらいましたので、これを機会に家族でも話し合っていただきたいと思います。

 

4年 水道出前講座

7月19日(木)
4年生は、社会科で住みよいくらしをつくるために、「水道の水がどこから来て、どこへ行くのか」を学習しています。今日は、高岡市上下水道局の方が来校され、水道出前講座をしていただきました。
始めに、高岡市の水道がうまれた理由や、水道の歴史について、分かりやすく教えていただきました。次に、高岡市の上下水道局の方の仕事についても勉強しました。
そして浄水場で、きれいで安全な水をつくっている行程を、実験を交えて見せていただきました。
安心して水道水を飲むことができるように働く方々のお話を聞くことができ、子供たちも大喜びでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イラスト大会

生き物委員会主催のイラスト大会が開かれました。本校のアイドル「くるみちゃん」をモデルにイラストに描きました。

休み時間には、たくさんの子供がゲージの前に集まって、くるみちゃんを観察して描いていました。各学年の力作が1階廊下に掲示してありますので、保護者会の折に、ぜひご覧ください。

 

クリーン大作戦

本日、全校でクリーン大作戦が行われました。

今回のクリーン大作戦では、登校班ごとに親子で通学路の安全確認をしながら、ゴミ拾いをして学校へ集合した後、校舎内の清掃や畑の草刈りを行いました。

 

 

普段はなかなか手の回らない箇所も、今回の清掃できれいになりました。

校舎が過ごしやすくなり、学習も気持ちよく行うことができますね。

 

 

2年生 親子活動

7月14日(土)に2年生の親子活動がありました。講師の野原先生をお呼びして、親子運動やかけっこの軸作りを行いました。初めは野原先生から見本を見せてもらい、その後に親子で交代しながら体操をします。どの児童も笑顔で体操に取り組みました。
  
 
その後は、新聞や風船を使って色々な体の使い方を教わりました。折り曲げて小くなった新聞の上でバランスをとったり、新聞のボールや風船を投げたりして楽しく活動しました。「お母さんとくっつけて楽しい!」と話す児童もいて、親子でふれ合う貴重な時間になったと思います。
 
 
講師の野原先生、並びに楽しい親子活動の場を作って下さった学年委員の皆様、そして、暑い中参加して下さった皆様に感謝申し上げます。

中学校生活への心得

7月9日(月)から7月13日(金)にちまで、14歳の挑戦で6名の中学生が来ています。今日は、6年生へ中学校生活について話をしてもらいました。

中学校生活で充実していることについて、
部活動では、個人競技では、自分の努力した分だけ成果となって表れてくる喜び、団体競技では、友達と協力して勝ったときの喜びが大きいということでした。
人間関係では、他の小学校から来た新しい友達が増えたこと、友達と何気ない会話で笑い合っていることが楽しいということでした。

また、小学校でやっておけばよいと思うことについて、
中学校では、課題が多かったり帰宅時間が遅くなったりするので、今から家での勉強を習慣づけて、自主勉強になれておいたほうがよい。
算数の文章問題に力を入れて勉強すればよい。
国語は、長文の問題が多いから、読書に力を入れておくとよい。
小学校の外国語活動をしっかりやっておけば、中学校の英語もよく分かる。
友達とは、意見の食い違いもあるので、人の話をきちんと聞くようにしておくとよい。
というアドバイスをもらいました。