二年次教員研修会

二年次の先生方の研修会が本校で行われました。

1年生の算数の授業を参観した後、約20名ほどの先生方で話し合う研修でした。

今日の学習課題は「12-3のけいさんのしかたをかんがえよう」です。子供たちは、たくさんの先生方に緊張したようでしたが、友達の意見をしっかりと聞いて考えていました。

     授業後の協議会では、子供たちの学習に対する意欲や心構えなど、たくさんのことをほめていただきました。また、「この場面では、こうした方がさらによかったのではないか」など、建設的な意見もたくさんいただきました。

今日の学びをこれからの学習、学校生活に生かしていきたいと思います。

算数はおもしろい!

今日は、「12-7」の計算の仕方を考えました。

    

ブロック法、図で表す法、式で表す法、ひきたし作戦・・。

子供たちの目当ては、『自分の考えをもつ』でした。自分たちで今日の学習の目当てを決める姿に算数学習への意欲を感じました。

     

「賛成!賛成!」

「ちょっとちがう」

友達の意見をよく聞いています。じっくり考え直している子もいます。

     

自分の考えがきちんと伝わるように、はっきりと大きな声で発表します。

    

引き算は苦手な子もたくさんいますが、毎日の積み重ねにより、確実に力は付きます。計算カードなどを持ち帰ることもありますので、練習を見守り、励ましてあげてください。

1年生 校外学習

古城公園へ秋見つけに行ってきました。
横田本町のバス停まで歩いて行き、バスに乗りました。バスに乗るときは、他のお客さんに迷惑をかけないように静かに行儀良く乗ったり、道行く人に大きな声で挨拶をしたりすることができました。
  
古城公園では、ドングリをたくさん集めました。子供達は木の下にしゃがみ込み、目をこらしながら真剣にドングリを探していました。「帽子のついたドングリ見つけた!」「こっちは双子ちゃんのドングリだよ!」「宝の山みたい!!」といった声があちこちから聞こえてきました。紅葉した葉っぱや松ぼっくりもたくさん集めることができました。赤や黄の色鮮やかな葉っぱを袋いっぱいに詰めたり、バナナのように長い松ぼっくりを見つけたりして、にこにこの子供達でした。
     
秋見つけをした後は、みんなで鬼ごっこや仲間作りゲームをして遊びました。芝生の上で全力で走り回ったり、寝転がったりして楽しみました。たくさん活動をした後でしたが、疲れも感じさせず、とても元気な子供達でした。
帰りは、古城公園の綺麗な景色を見ながらゆっくり歩いて帰りました。天候にも恵まれ、とても楽しく一日を過ごすことができました。
  
 

1年生 すなやつちとなかよし

とても涼しくて、過ごしやすい秋の季節になってきました。子供達は毎日たくさんの植物や木の実を学校に持って来て、自分の持って来た秋のもの友達と見せ合っています。
図画工作科の学習で、砂遊びをしました。子供達はみんなで仲良く砂を掘ったり、高い山を作ったりして元気に遊びました。プリンカップや葉っぱ、シャベルなどの道具も上手に活用して、楽しく活動することができました。
                    

くるみちゃんとふれ合う会 1年生

飼育栽培委員会の企画で「くるみちゃんとふれ合う会」をしています。
9月は1年生がくるみちゃんとふれ合いました。初めてのうさぎさんにドキドキの1年生。会場のプレイルームには、順番待ちの長い列ができていました。委員の人に、くるみちゃんを怖がらせないようにしゃがむこと、頭を優しくなでることを教えてもらって上手にふれ合うことができました。

初めは怖々様子を見ていた1年生も、どんどん大胆になり、くるみちゃんを必死に追いかけながら触ろうとしていました。ふれ合った後には、「ふわふわでかわいかった。」「けがほわほわできもちいい。」と感想を書いていました。

学校祭に向けて

一年生は、今年が初めての学校祭。劇「アリババと40人の盗賊」の練習に一生懸命に取り組んでいます。刀や扉、つぼなどの小道具を持ち、衣装を着た一年生は笑顔全開、やる気満々です。

今日は予行練習が終わり、新しい課題が見えてきました。
みんなで楽しい劇にすることができるよう、本番まで全力で頑張ります!

どちらがおおい

1年生の算数の授業「どちらがおおい」の授業の様子です。

どちらのペットボトルにたくさんの水が入るのかを比べる方法を考えました。
 
 
隣の友達に自分の考えを伝え、意見を求めます。伝える対象がはっきりとしているので、相手の反応を確かめながら話すことができます。
全体の話合いの場では、自分の考えと比べながら友達の考えを聞くことができるようになってきました。自分の考えが友達に伝わったとき、友達の考えがよく分かったとき、子供たちの表情はキラキラとします。分からないときは、じっと黒板を見て考えます。

考える「間」です。

自分たちで方法を考え、答えを見付けた時、「分かった!」「やった!」が教室のあちこちから聞こえます。

考える「間」を大切にした授業をこれからもずっと続けていきたいと思います。

給食試食会

22名の保護者の方が、給食試食会に参加されました。子供たちの配膳の様子を見たり、栄養士の話を聞いたりして、学校給食についての理解を深めました。

保護者の声
子供たちの様子が分かってよかったです。
安心・安全でおいしい給食ができるまでの過程が分かってよかったです。
薄味でもおいしかったです。