銀世界~SILVER WORLD~

辺り一面に雪が積もりました。白一色の景色です。明け方からの除雪、通勤・・。保護者の皆様にとっては大変だったことと思います。

さらに、臨時休業に伴う対応をしていただき、ありがとうございました。

 

『一面の銀世界』と表現されますが、今朝は景色を楽しむ余裕がありませんでしたね。

『銀色』と呼べるのは「ある条件を満たした白」だそうです。そのある条件というのが、光沢です。昔は銀色のことを白銀色と書いてシロガネ色と呼んでいたそうです。そこから派生して、光沢のある白のことを、白銀色と呼ぶようになったようです。太陽の光が雪に当たり、光り輝いて見えるために、「一面の銀世界」というように、表現しているそうです。

 

さて、明日、明後日は休日です。子供たちには、景色を楽しみながら除雪などのお手伝いにも加わってほしいなと思います。

吹雪の中

昨日からの雪が、車道や歩道にたくさん積もりました。しかし、子供たちの登校時刻前には地域の方が歩道を除雪してくださいました。おかげで子供たちは安全に登校することができました。パトロール隊の方々も除雪してくださっている様子をお見かけしました。本当にありがたいことです。

今日は風も強かったので、子供たちは傘をさすのが大変だったようです。

生徒指導主事から、今日の登校の様子で気になることについて放送がありました。

①道幅が狭くなっているので、歩道がない道では車とすれすれの状態。立ち止まって車をやり過ごす。ただし、傘が車とぶつかっている様子が見られたので、反対側に傘を傾ける。

②登下校中に雪玉を投げ合うと、よけるためにとっさの動きをしてしまい、危険な飛び出しにもつながる。登下校中は、雪玉を作らない、投げない。

12日までは大雪への警戒、そして今日は吹雪も心配されます。学校でも安全に登下校できるよう呼びかけます。ご家庭でも見守り、声掛けをよろしくお願いいたします。

【お願い】

通学路で積雪のために危険な箇所がありましたら、学校にお知らせください。

 

 

 

 

おいしい給食 いただきます

今日から給食開始です。

初日は、子供たちが大好きなカレーライスです。とてもおいしそうにもりもり食べています。

冬休みのことや家のペットのことなどを話しながら、グループで楽しく食べているようです。食事中にふさわしい話題で楽しく食べることも大切なマナーの一つですね。

         

         

今月の24日(水)~30日(火)までは、給食週間です。

給食に携わる人々に感謝の心をもち、自分の食べ方を見直すことを主なねらいとしています。

3学期の目標は、「おかげさまで」の気持ちを忘れずに、感謝の心をことばに態度に表すことです。日々、感謝の心でいただいている給食ですが、「食」に対する意識を見つめ直すチャンスです。

さて、今日は食缶空っぽになったでしょうか。

 

 

校内書き初め大会

始業式の後、校内書き初め大会が行われました。1・2年生は教室で、3年生以上は体育館で行いました。どの子も真剣に取り組んでいました。体育館は、凜とした雰囲気に包まれていました。

 

3学期、始業式

始業式の前に、賞状伝達がありました。

3学期は、名前を呼ばれたら、大きな声で返事をすることを大切にしていきたいと考えています。
3名の児童は、大きな声で返事をして、賞状を受け取っていました。

 

校長先生のお話は、「おかげさま」についてでした。

「かげ」という言葉に、「お」「様」という敬語を付けて「かげ」を大切にしてきたことが表されています。

学校では、陰で支えてくれる、友達、先生、調理員さん、事務員さん、用務員さんなどがいます。

地域に戻れば、家族、パトロール隊のみなさん、近所の方々など、たくさんの方に支えられています。

「陰で支えてくださっている人に感謝の心をもって、言葉や態度で『ありがとう』の心を伝えて欲しいと願っています。」というお話でした。

活気がもどりました

ひんやりとしていた学校に、活気がもどりました。

6年生が廊下や階段をきれいに掃除しています。ありがたいです。

子供たちは、落ち着いてスタートがきれそうです。

    

3学期もがんばりましょう!

3学期、スタートです!

いよいよ3学期が始まります。

ご家庭では家族の団らんを楽しまれたことと思います。

1月・・・いく一月

2月・・・にげる2月

3月・・・さる3月

3学期はあっという間の短い学期ですが、進級に向けた大切なときです。

ご家庭と地域とのチームワークを大切にしながら、一日一日過ごしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

西条っ子土曜学習「ミニ門松づくり」

元横田公民館主事 新井郁夫氏を講師にお招きし、西条公民館主催のミニ門松づくりが行われました。
児童38名と保護者地域の方を含め、100名近くの参加がありました。

思い思いに飾りを配置し、子供たちは、満足そうな表情を浮かべていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がった門松は、玄関に飾られて新年を迎えるのでしょうか。水やりのお世話をきちんと行えば、1月の間は鑑賞することができるそうです。

授賞式・2学期終業式

2学期後半の授賞式、2学期の終業式がありました。

校内や学校外でがんばったたくさんの子供たちが紹介されました。

そのあと、2学期にがんばったことを1、3、5年生の代表児童が発表しました。

大きな声でしっかりと伝えることができました。

そして終業式。

校長先生は、廊下を走る子がいなくなってきたことを例に「きまりを守ろうとする心」や「当たり前のことをきちんとやろうとする態度」について話をされました。どの子も真剣なまなざしで聞いていました。

 

最後に、冬休みの生活についてお話を聞きました。

安全に気を付けて、有意義な冬休みを送ってほしいと思います。

17日間、当たり前のことをやり続けて一段と成長した西条っ子と会えることを楽しみにしています。