西中ブロック教育研修会

富山県住みます芸人”フィッシュ&チップス”講演会が行われました。

夢道 ~フィッシュ&チップスと未来に進もう!~ と題して、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の伊藤 委裕(いとう もとひろ)、金本 和幹(かなもと かずまさ)さんによる講演がありました。

芸人16年目の伊藤さんは、

ただ「走れ」と言われるより、「あそこまで走れ」と言われる方がやる気が出る。自分で目標をもって進んでほしい。

続けることができるのも才能だと感じている。

夢は、一人では叶えられない。たくさんの人の支えがあって叶えられることができるということを実感している。感謝の言葉を忘れないでいたい。

など、ポジティブに考えてきたことをお話されました。

最後に、「人間には潜在能力がある。能力を100%発揮して挑戦すれば、1番になれることもある」ということを、おもしろいオチを付けて締めくくられました。どんなオチだったかは、参加された方に聞いてみてください。

学習参観

6月22日(金)の学習参観には、多数ご参加いただきありがとうございました。全クラス「特別の教科 道徳」の学習を公開しました。

子供たちが道徳的価値に関わる事象を自分自身の問題として受け止め、友達と考えを交流することによって、自己の生き方について考えを深められるように願っています。

 

 

 

 

 

救命法講習会

本日、高岡市消防本部から講師をお招きして、教職員の救命救急の講習会が開かれました。

いざというときに、より迅速に、正確に応急手当ができるように、どの教職員も真剣に取り組みました。

PTAの救命講習会は6/12(火)18:00より開催します。

よろしくお願いします。

土曜学習「農業体験」

6月2日(土)、父親委員会主催による土曜学習「農業体験~サツマイモの苗植え編~」が行われ、児童・保護者合わせて100名近くの参加がありました。JA高岡西部支店青年部の皆様の協力を得て、ベニアズマの苗500本を植えました。

この後、夏休みには草むしりを行い、秋には収穫をします。今年は、畑がよい状態の日に苗を植えることができたので、収穫が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図書委員会による読み聞かせ

昨日と今日の2日間、図書委員会による読み聞かせがありました。

全校を回って紙芝居を読むことによって、読書の楽しさに触れてもらいたいと思い計画しました。
どのクラスの子も、給食を食べながら静かに話に耳を傾けていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜学習「ばっちゃま劇団公演」

5月26日に西条公民館で土曜学習が行われました。

今年度1回目の今回は、ばっちゃま劇団による「大伴家持さんと巡りあった人びと」の公演です。

大伴家持が越中国守として富山で過ごした5年間についての物語を、方言を交えて演じられ、劇中には家持が詠んだ歌が5首紹介されました。

おもしろい場面が多くあり、児童は最後まで真剣に見ていました。

 

ばっちゃま劇団の皆様、ありがとうございました。

避難訓練

今日は、地震及び火災に対する避難訓練をしました。

今年度初めての避難訓練でしたが、素早く避難することができました。

 

校長先生から「自分の命は自分で守ること」や「友達の命を守ること」についてのお話がありました。

命を守るためには「放送をよく聞く」「ハンカチを身に付ける」「ズックをしっかり履く」などの基本的なことが大切です。

普段からこれらのことを意識して生活できると良いですね。