キャッチビーンズカップ

給食委員会主催による豆つまみ大会が行われました。各クラスから男女一名ずつが代表として参加しました。

参加者は、友達の声援に押され、悪戦苦闘しながらもがんばりました。

 

1分間に42個も豆を移動する子もいました。ご家庭でも正しい箸の持ち方をして、挑戦してみてください。

 

 

 

 

くるみちゃんとふれ合う会 5年生

「くるみちゃんとふれ合う会」、第3弾です!
1月は、5年生がくるみちゃんとふれ合いました。どの5年生も、くるみちゃんが怖がらないように優しくふれ合ってくれました。なかなかくるみちゃんにさわれない友達に順番をゆずり、みんなで触れるようにするなど、仲良く穏やかにふれ合いを楽しむことができました。

 

 

 


耳の上から背中にかけて優しくなでたり、「怖くないよ」「おいでおいで」とくるみちゃんに優しく声をかけてあげたりしていました。
くるみちゃんが後ろ足で立ち上がったり、ケージの上に飛び乗って周りの柵を越えようとしたりするなど、普段はなかなか見ることのできない姿を見ることができました。
5年生の子供たちが一番驚いたのは、くるみちゃんの力強いジャンプ力だったようです。

親父の餅つき大会

1月14日(日)に、PTA父親委員会の主催による餅つき大会が行われました。児童・保護者合わせて、160名近くの参加がありました。

中尾清月堂さんのご協力も有り、おいしくお餅をいただきました。

 

 

 

 

 

きなこ餅、ごま餅、昆布餅、さらにイチゴ大福など、たくさんの種類のお餅をいただきました。父親委員会のみなさんからは、温かい豚汁も振る舞われ、子供たちは、満足そうな表情を浮かべていました。

ご協力いただいた中尾清月堂のみなさん、ありがとうございました。

校内書き初め大会

始業式の後、校内書き初め大会が行われました。1・2年生は教室で、3年生以上は体育館で行いました。どの子も真剣に取り組んでいました。体育館は、凜とした雰囲気に包まれていました。

 

3学期、始業式

始業式の前に、賞状伝達がありました。

3学期は、名前を呼ばれたら、大きな声で返事をすることを大切にしていきたいと考えています。
3名の児童は、大きな声で返事をして、賞状を受け取っていました。

 

校長先生のお話は、「おかげさま」についてでした。

「かげ」という言葉に、「お」「様」という敬語を付けて「かげ」を大切にしてきたことが表されています。

学校では、陰で支えてくれる、友達、先生、調理員さん、事務員さん、用務員さんなどがいます。

地域に戻れば、家族、パトロール隊のみなさん、近所の方々など、たくさんの方に支えられています。

「陰で支えてくださっている人に感謝の心をもって、言葉や態度で『ありがとう』の心を伝えて欲しいと願っています。」というお話でした。

西条っ子土曜学習「ミニ門松づくり」

元横田公民館主事 新井郁夫氏を講師にお招きし、西条公民館主催のミニ門松づくりが行われました。
児童38名と保護者地域の方を含め、100名近くの参加がありました。

思い思いに飾りを配置し、子供たちは、満足そうな表情を浮かべていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がった門松は、玄関に飾られて新年を迎えるのでしょうか。水やりのお世話をきちんと行えば、1月の間は鑑賞することができるそうです。

手洗い上手かな?

保健委員会が中心となって手洗いチェックを行いました。

始めに、汚れの代わりになる薬品を手になじませます。手洗いチェッカーのブルーライトに当てると、白く光ります。次に、手をしっかり洗い、再び手洗いチェッカーで汚れが落ちていないところを確認しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爪と皮膚の間、しわの中に汚れが残っていることが分かり、何度も手洗いをしていました。中には、「なかなかよごれがとれないよ。」といって5回も手洗いをしている1年生もいました。

インフルエンザの罹患者が出てきました。上手な手洗いをして、手に付いたウイルスが口から体の中に入らないように気を付けたいですね。

白ばとスター

放送委員会が企画した白ばとスターの録画が行われました。各クラスから希望者が集まり、体育館で技や出し物を披露しました。この後、教室内やプレールームで披露する技や出し物も録画し、校内放送で流す予定です。

素敵な技や楽しい演技に拍手や歓声が起こっていました。

けがを予防しよう

保健委員会の児童が、「けが防止集会」を開き、けがの少ない西条小学校にしようと呼びかけました。

はじめに、保健委員会の児童から、調べたことの発表がありました。

昨年は、延べ600人の児童がけがのため保健室を訪れたこと、今年は、休み時間に、廊下で起こったけがが一番多かったことを知りました。保健室を訪れる児童が多いことに驚きの声が漏れました。

廊下の曲がり角、プリントを後ろの人に渡すとき、机の間を歩くときなどにも、危険がたくさん潜んでいることを知りました。

 

 

 

 

 

各クラスで考えたけが予防安全標語の発表がありました。どのクラスも、けがを少なくするためにどのようにしたらよいかをしっかりと考えていました。

この後、廊下に掲示をしてけが予防を呼びかけます。この集会で考えた、危険予知能力を高めて、けがの少ない西条小学校にしていきたいですね。

 

ゲンキッズランチ

 

今日は、4年1組のゲンキッズランチがありました。

小児生活習慣病を防ぐための食事について学びました。自分に適した量を手ばかりで量ります。子供たちは、自分に合った量のおかずを選んでいきました。家でも意識して、健康な生活を送ってもらいたいですね。