第3学期始業式

1月14日、授賞伝達の後、テレビ放送で始業式がありました。
校長先生からは、CHANCE・CHANGE・CHALLENGE・HAPPYのお話がありました。

 

こんな時だからこそ、失敗を恐れず協力して新しいことに挑戦してほしい。そうすることによって誰もが笑顔になれる。

また、シトラスリボンプロジェクトの紹介もありました。
コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトです。 リボンやロゴで表現する3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)です。
「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちなら、安心して検査を受けることができ、ひいては感染拡大を防ぐことにつながる。 また、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害も防ぐことができる。コロナ禍の“その後”も見すえ、暮らしやすい社会をめざす という趣旨です。

付け加えて、高岡市ではSDGsに取り組み、持続可能な社会をめざしていますが、冬休みに話し合ったことに合わせて自分たちに何ができるのか、何をめざすのかを考えて実践してほしいというお話をしました。