租税教室

税理士さんを招いて、6年生を対象とした「租税教室」が行われ、税金の仕組みについて学びました。

子供たちも消費税を通して税金を払っていること、小学生1名に約90万円、西条小学校だけで約2億6000万円の税金が使われていることなどを知りました。
最後に、1億円に相当する紙の束を持ち上げ、その重さに驚いていました。

 

次代を担う子供たちが、租税の意義や役割を正しく理解し、税金を納め、その使い道に関心をもち、さらには納税者として社会や国について主体的に考えるようになってほしいと願っています。