私たちの知っているお米になるまでに

5年生は社会科で稲作について学習してきました。

今日は、JA高岡の方々にご協力いただき、稲穂から白米になるまでを実際に作業を体験しながら学習しました。

牛乳パックを使って稲穂を子供たちの手で脱穀しました。

  

きれいに取れた籾が、機械を使って目の前で玄米に、そして白米になっていく様子が印象的だったようです。

体験を通して白米になったお米は、家庭科の調理実習を通して炊飯し、食べる予定です。

ご協力いただいたJA高岡のみなさま、本当にありがとうございました。