6年道徳「自分だったら・・」

道徳の時間、6年生は思いやりについて考えました。「自分だったらどうするか」について話し合っていました。

資料文はなく、数枚の資料を見て話し合う授業です。子供たちからはいろいろな意見が出ました。

    

「親切にすることはいいことだ、と分かっているけどなかなかできない。」

「はずかしくて、なかなかできない。」(照れくさいということでしょうね)

自分たちの弱さを自覚し、みんなの前でも発表します。

では・・、

やさしさを実際の行動にうつすには、何が必要なのでしょう。

「勇気」「だれにでもという気持ち」

それぞれが自分に必要なことを考えていました。