1年生 おはなしの会を聞いて

11月27日(月)に、おはなしの会がありました。高岡おはなしの会から車恭子先生をお呼びし、2時間目に1組、3時間目に2組がお話を聞きました。
おはなしの会では、特別なろうそくが灯されます。少し暗くした部屋で、目の前でろうそくに火をつけられる車先生。子供達は、すぐに車先生に引きこまれます。

プログラムは、以下の6つでした。
①不思議な太鼓
②ヤギとコオロギ
③どんぐりどんぐりこーろころ(手遊び)
④ふたりの朝ご飯
⑤ネコの家に行った女の子
⑥ヘイ、おいらはジョー(手遊び)

子供達は、笑ったり驚いたり怖がったりと大忙しです。最後まで先生の方を見て、真剣に話を聞いていました。外国の話もありましたが、子供達はどんなお話だったかしっかりと理解できたようです。
  
最後の手遊び「ヘイ、おいらはジョー」は、真面目なジョーが、上司の言うとおりにボタンを押し続ける様子を表した手遊びでした。最初は右手だけで押していたボタンでしたが、左手、右足、左足…と、どんどん使う場所が多くなり、最後には頭や舌まで使ってボタンを押さなければいけませんでした。子供達は「大変だー!」「疲れる!」と言いながらも笑顔で手遊びをし、最後は「車先生、もう一回!もう一回!」と、全員で大合唱していました。