第2学期終業式

12月21日(金)、平成30年度第2学期終業式が行われました。

始めに賞状伝達が行われました。

 

 

 

 

 

校長先生からは、各学年の児童の頑張りの紹介がありました。

道徳の授業で「思いやりの行動を取れば、自分も人も気持ちよくなる。」と考えた児童の意見の紹介や17日間の休みを、「自分のためだけでなく、家族のためにできることを頑張ってほしい」というお話がありました。

西条っ子土曜学習「ミニ門松作り」

横田公民館主事 新井 郁夫先生を講師にお招きし、西条公民館主催による

西条っ子土曜学習「ミニ門松作り」が行われました。児童42名と保護者や地域の方々を合わせ約100名が参加されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルの素敵な門松が出来上がると子供たちは、とてもうれしそうでした。

2019年は手作りの門松で新年を迎えられそうですね。

新井郁夫先生、西条公民館の方々、保護者の皆様ありがとうございました。

校外児童会

今日の3限目、校外児童会が行われました。

町内別に子供たちが中心となり、冬休みの生活等について危険な遊びや場所などを話し合いました。下級生をお世話する6年生や班長の立派な姿も見られました。

これから雪の降る時期に入ります。安心安全には十分気を付けて過ごしたいものです。

そば打ち体験

12月9日(日)に西条公民館で「そば打ち体験」が行われました。

JAたかおか青年部のご支援のもとPTA父親委員会が中心となり、親子でそば打ちを体験しました。

 

 

 

 

 

生地を根気強く練り込み、麺棒で伸ばして包丁で切りました。

 

 

 

 

 

この後、家に持ち帰って食べたり、大晦日の年越しそばにしたりするようでした。

きっと市販のものとは違う格別な味がするでしょう。

ご協力いただいたJAの方々、お世話いただいた父親委員会の皆様、ありがとうござました。

 

高岡市人権教室

6名の人権擁護委員をお招きして、5・6年生を対象に高岡市人権教室が行われました。

 

 

 

 

 

自分らしく人間らしく、幸せに生きる権利が人権です。考え方がそれぞれ違う相手を理解し認め合い、自分にできることを行うのが「人権を尊重する」ということです。

今日は、平成7年に下関小学校の4年生が制作した人権紙芝居「花さき山」を見た後、児童が「心の花」について考えました。

分からなくて困っていたら教えてくれた。
失敗したとき、頑張れと応援してくれた。
遊びに誘ってくれた。
友達が、トイレのスリッパを並べていた。
友達が休んだとき、心配した。
給食じゃんけんで勝ったけど、友達が悔しがっていたのでゆずってあげた。など、「心の花」が咲いた瞬間についてたくさんの発表がありました。

「『親切にしてあげたら、相手が喜んだ』『親切にしてあげたら、自分の喜びになった』。この『思いやりの心』で『心の花』が咲く」と、人権擁護委員の方からお話がありました。
どんどん「心の花」を咲かせて、西条小学校のみんなが幸せになってほしいですね。

図書集会

12月5日(水)のふれあいタイムに図書委員会が企画した「図書集会」を行いました。

西条っ子人気ブック発表では、各学年の人気ベスト3が発表されました。
特に「サバイバルシリーズ」や「ひみつシリーズ」はどの学年にも人気の高い「シリーズ」のようです。

 

 

 

 

 

次に各学年の読書チャンピオンが発表され、それぞれの学年のチャンピオンが「おすすめの本」や「今読んでいる本」を紹介しました。また「本を読むとどんなよいことがあるか」などのインタビューに答えていました。

 

 

 

 

 

図書委員会による「百万回生きたねこ」の読み聞かせがあり、全校児童は図書委員会の上手な読み聞かせにしっかりと耳を傾けて聞いていました。

最後に校長先生のお話しをお聞きしました。校長先生の小さい頃は「シャーロックホームズシリーズ」がお好きだったそうです。
集会を通して、本がますます好きになりました。

みなさんも好きな本を見付けてゆっくりと読書してみませんか?

1年2組 おにぎりランチ

12月3日におにぎりランチを行いました。手のひらの大きさに合わせて平らにごはんをのせて、自分の体に合ったごはんの量を確かめました。友達と出来上がったおにぎりの大きさを比べながら、楽しく食べることができました。ごはんが入っていたボールは、どのグループも空っぽになりました。これからも残さず食べられるといいですね。