秋みつけ

11月5日(月)に1年生は、古城公園へ「秋みつけ」に出かけました。葉っぱが黄色や赤色に紅葉している様子を見て、「きれいだな」と感動している姿も見られました。どんぐりや松ぼっくり、いちょうの葉っぱなどたくさんの秋の植物を拾ってきました。大きさの違いや色の違い、葉っぱの感触に驚きながら、楽しんで秋みつけを行いました。今日拾ってきたものは、この後、秋の遊びの学習に使います。どんぐりごまや松ぼっくりのけん玉など、おもしろい遊びを通して、さらに秋のすてきなところを見付けられるといいなと思います。

天までとどけ、一、二、三

1年生は、今「くじらぐも」の学習をしています。先日、初めて屋上へ行き、雲の観察を行いました。様々な生き物や食べ物に見える雲がたくさんあり、子供たちは楽しんで想像を広げていました。

みんなで手をつないで、まるいわになり、実際に「天までとどけ、一、二、三」とジャンプしてみました。「どうやったら天までとどくのだろう」「わたしたちもくじら雲にのりたいな」など、くじらぐものお話への興味がより深まったようでした。

朝の練習会 パート2

11月6日(金)の持久走大会に向けて、朝の練習会の様子をお知らせします。

今日は、1年生が秋見付けに出かけるため、練習会には不参加でした。2・3年生は、歩く子供もなく、5分間走り続けていました。ご家庭でも、励ましの声をかけていただきたいと思います。