みんなで協力!大縄跳び大会

インフルエンザ流行のため延期となっていた体育委員会主催の大縄跳び大会が開催されました。欠席の児童が何名かいましたが、最後まであきらめずにクラスみんなで記録に挑戦していました。

体育館には寒さを吹き飛ばす、元気なかけ声が響いていました。

 

 

5年 箏演奏体験

 

5日(月)、5年生が箏の演奏を体験しました。講師は、毎年お世話になっている箏の水谷先生、尺八の東海先生です。それぞれのクラスが2時間ずつ教えていただきました。

まずは・・

 

くつが揃うと、心が揃いますね。

 

 

 

さて、箏の準備です。

         

弦は13本あります。ぴーんと張った弦の下に琴柱(ことじ)を入れていきます。

張りつめている弦がさらに張り、とてもいい音が響きました。

まずはじめに、先生方の演奏を聴きました。

         

箏と尺八で「さくらさくら」、尺八で「千本桜」、そして教科書で勉強した「春の海」を披露してくださいました。生演奏の箏と尺八の音色が、子供たちの心に染み入りました。弾いてみたいな!という思いがどんどん高まってきます。

いよいよ演奏です。

         

先生に教えていただきながら、「さくら さくら」を練習しました。

         

         

はじめはなかなかきれいな音が出せませんでしたが、先生方のアドバイスをよく聞いて一生懸命に練習して、だんだんこつをつかんでいきました。

最後に、箏の先生方と尺八の先生と一緒に「さくら さくら」を合奏しました。どの子も練習の成果を発揮して、立派に演奏することができました。

2時間という時間はあっという間だったようです。子供たちの目の輝きから、「本物に触れる」ことの大切さを改めて感じました。