着衣水泳

体育の時間に、着衣水泳を行いました。
始めに、子供たちは、水に濡れた服が重くなって、服を着たままでは泳ぐことが困難であることを体感しました。そして、背浮きで呼吸を確保しながら救助を待つ方法や、ヒューマンチェーンで安全に助ける方法を学びました。
皆、命を守るための学習に真剣に取り組んでいました。