5年生 にこにこふれあい隊

5年生は総合的な学習の時間で福祉について学習しています。

「にこにこふれあい隊」として1組は17日に、2組は20日に地域の高齢者向け福祉施設「高志の郷」を訪問しました。

子供たちは、この日に向けてどのような活動をすればお年寄りに喜んでもらえるのか考え、準備をしてきました。

 

歌や折り紙、じゃんけんゲームなどを通して交流しました。

子供たちも、お年寄りのみなさんも笑顔あふれる温かい雰囲気に包まれていました。

くるみちゃんとふれ合う会 5年生

20日(水)に、5年生がくるみちゃんとふれ合いました。サークルの中でしゃがみ、「くるみちゃん、くるみちゃん」と声をかけながら頭をなでたり、くるみちゃんが落ち着くのを待ってから触ってあげたりしていました。大好きな頭の上や背中を優しくなでてくれるので、くるみちゃんも嬉しそうです。
 
何回も触りに来てくれた児童もおり、一人一人がゆっくりとふれ合いの時間をとることができました。どの5年生も、落ち着いてくるみちゃんとの時間を過ごすことができたと思います。
   
プール掃除のため委員の仕事ができなかった6年生に代わり、くるみちゃんのサークルの撤去やタイムキーパーなどの仕事を手伝ってくれた5年生もいました。周りを見て、さりげなく手助けをしてくれる5年生は、とても頼もしかったです。

5年生 ものづくり・デザイン科見学

5年生は、ものづくり・デザイン科の授業で高岡地域地場産業センターと武蔵川工房を見学しました。

高岡地域地場産業センターでは、青貝塗りの完成までの細かな工程を教えていただいたり、富山県の伝統工芸品について詳しく説明していただいたりしました。また、様々な伝統工芸品も見学させていただきました。

 

武蔵川工房では、青貝を切ったり貼ったりする工程について詳しく説明していただきました。また、実際に作業をされている様子を見学させていただきました。

 

今後の「青貝塗りのコースター」の制作に理解と関心を深めました。

 

ものづくり・デザイン科 高岡市美術館見学

5年生は、ものづくり・デザイン科の学習で高岡市美術館を見学してきました。

本校では、ものづくり・デザイン科で5年生が青貝塗りのコースターを、6年生が錫の風鈴を制作していきます。

まず、学芸員の方から青貝塗りや高岡漆器について教えていただき、説明のDVDを見ました。

その後、「コレクション展 高岡の金工・漆芸」の様々な作品を鑑賞しました。

 

子供たちは、青貝塗りの美しさや、高岡の職人さんの素晴らしい作品を目の当たりにし、今後の制作への関心を高めたようです。

5年生 田植え体験

5年生はミニ田んぼの田植えをしました。

大きな容器に一人2~3束の苗を植える体験をしました。

 

 

「小さな苗が秋にはどれくらい大きくなるのだろう。」

「この苗からどれだけのお米を収穫できるのだろう。」

と関心をもって楽しく活動していました。

 

お世話いただいたJA高岡の皆様、ありがとうございました。

 

第一回委員会活動

本日、今年度一回目の委員会活動がありました。

どの委員会も新しいメンバーになり、5、6年生が協力して学校をよりよくしていこうと真剣に話し合う頼もしい姿が見られました。

全校児童が楽しい学校生活が送れるよう、これからがんばっていきましょう。

交通安全人波作戦

4月6日(金)から15日(日)までの10日間が、春の交通安全週間です。4月10日(火)の交通事故死ゼロを目指す日に合わせ、5・6年生が学校前で交通安全を呼びかけました。大きな声で「行ってらっしゃい」と声を掛けていました。

 

 

 

 

 

 

卒業を祝う会前日練習

今日の歌練習は、1年生~5年生が体育館に集まって歌練習を行いました。

5年生がお手本となり、上手に練習を進めていました。明日の祝う会が楽しみです。

 

 

 

 

 

交通少年団入退団式

西条しろばと交通少年団の入退団式が行われました。6年生が退団し、新たに4年生が入団します。

 

6年生の代表は、「交通安全人波作戦でドライバーに交通安全を呼びかけたことが心に残った」と活動を振り返りました。

4年生は緊張した面持ちで、6年生からスカーフを受け継ぎ、交通安全のリーダーとなる意識が高まりました。

 

 

 

 

 

校長先生からは、「交通マナーを守るお手本となるように、地域の人に進んで挨拶をするお手本となってほしい」

高岡警察署の方からは、「道路に飛び出さない。交差点では左右の安全を確認することが大切だ」

高岡市交通安全協会の方からは、「明るく楽しく登下校してくれれば、地域も明るくなり、交通事故も減るだろう。下級生を見守る目配り、気配りを心がけてほしい」と励ましの言葉をいただきました。

 

 

 

 

 

新しく入団した4年生は記念品をいただき、代表の児童が、交通安全を呼びかける手本となることを、元気よく誓いました。

5年 箏演奏体験

 

5日(月)、5年生が箏の演奏を体験しました。講師は、毎年お世話になっている箏の水谷先生、尺八の東海先生です。それぞれのクラスが2時間ずつ教えていただきました。

まずは・・

 

くつが揃うと、心が揃いますね。

 

 

 

さて、箏の準備です。

         

弦は13本あります。ぴーんと張った弦の下に琴柱(ことじ)を入れていきます。

張りつめている弦がさらに張り、とてもいい音が響きました。

まずはじめに、先生方の演奏を聴きました。

         

箏と尺八で「さくらさくら」、尺八で「千本桜」、そして教科書で勉強した「春の海」を披露してくださいました。生演奏の箏と尺八の音色が、子供たちの心に染み入りました。弾いてみたいな!という思いがどんどん高まってきます。

いよいよ演奏です。

         

先生に教えていただきながら、「さくら さくら」を練習しました。

         

         

はじめはなかなかきれいな音が出せませんでしたが、先生方のアドバイスをよく聞いて一生懸命に練習して、だんだんこつをつかんでいきました。

最後に、箏の先生方と尺八の先生と一緒に「さくら さくら」を合奏しました。どの子も練習の成果を発揮して、立派に演奏することができました。

2時間という時間はあっという間だったようです。子供たちの目の輝きから、「本物に触れる」ことの大切さを改めて感じました。