プール清掃

高学年でプール清掃を行いました。

5年生は、更衣室とトイレを整頓したり掃いたりしました。

6年生は、プールサイドをデッキブラシで磨いたり、溝をブラシでこすったりしながら汚れを落としていきました。

最後に、みんなでプールの中や壁面を磨きました。

みんなで力を合わせて掃除し、とてもきれいになりました。

きれいなプールで来週28日に予定しているプール開きを迎えることができそうです。

5年生 バケツ稲の苗植え

本日、5年生はバケツ稲の苗植えを行いました。

JAの方々に数本ずつ苗を頂き、大きなバケツの中に植えていきました。

中には初めて田んぼの土を触る児童が何名もいて、その手ざわりを楽しんでいるようでした。

たくさん頭を垂れる稲穂に育つとよいですね。

JAのみなさん、ありがとうございました。

5,6年生 人波作戦

今週は「春の交通安全週間」です。

5/16(木)、5,6年生は人波作戦を行いました。

緑のスカーフを巻いた子供たちは、「安全運転を心がけましょう」「シートベルトをしっかりしましょう」と、通る車に声かけを行っていました。

交通安全週間の今週だけでなく、これからも安全に気を付けて登下校を行っていけるとよいですね。

高岡警察のみなさん、西条交通安全協会のみなさん、ありがとうございました。

やがえふ練習始まる

5月10日(金)、やがえふ保存会の方を講師にお招きし、5・6年生のやがえふ踊りの講習会が開かれました。

5年生は、男踊りをするのが初めての児童が多く、棒の扱いに悪戦苦闘していました。女踊りは、1年生の頃から踊っているので、慣れたものでした。運動会に向けて、これからは全校で練習を進めていきます。

 

 

 

 

 

 

5,6年生 BFC編成式

5月8日(水)5,6年生でBFC編成式が行われました。

BFCとはBoys&Girls Fire Clubの略で、火災に関する知識をしっかりと身に付け、予防に努めていくクラブのことです。

子供たちは「火遊びやたき火はしません」「火の元点検を励行します」「火災予防の知識を身に付けます」「市民に防火の心を伝えます」「火災のない明るい町作りに努めます」と、5つのことを大きな声で誓いました。

5年生は入隊の証として、素敵なバッジを頂きました。

今後は防火の意識を高めていきたいという決意が、何人もの子供の顔に表れていました。

 

高岡消防署副署長様、高岡消防団 横田分団団長様、和田分団団長様、どうもありがとうございました。

西条しろばと交通少年団入退団式

2月21日(木)に高岡警察署、高岡市交通安全協会、西条支部長、横田交番より来賓をお迎えして、入退団式を行いました。

警察署交通課の方より、人波作戦への協力のお礼とこれからも交通ルールを守って生活してほしいというお願いがありました。

また、西条校下から交通安全を無くすために、下級生だけでなく、おじいちゃん・おばあちゃんにも声を掛けてほしいという話もありました。

 

 

 

 

 

 

地域の交通事故0を目指すリーダーになろうと、決意を新たにしたようでした。

きれいな音色だね ー5年箏体験ー

5年生は音楽の学習で箏を体験しました。

 

箏と尺八の先生に来ていただき、教えていただきました。

まず、箏も尺八も中国からやってきた楽器であることや、箏は13本の弦からなっていることなどを丁寧に教えていただきました。

次に、箏と尺八による「こきりこ節」や「花は咲く」、「春の海」などを先生方が演奏してくださいました。子供たちは、間近で聞く綺麗な音色にうっとりとした様子でした。

箏を弾く体験では、「さくら」を弾けるようになることを目指して練習しました。

弾く姿勢や、力強い音にするためのコツを分かりやすく教えていただき、子供たちは楽しみながら練習していました。

     

そして、授業の最後には、全員でそろえて演奏会を行いました。短い時間でも、みんなと合わせて演奏できるまでになり、充実感を得ていたようです。

 

【児童感想】

・ピアノは調律師さんが調律するけど、箏は毎回、自分達で調律するということを聞いてびっくりしました。

・尺八は5つしか穴がないのに、顔を動かしたりして色々な音を出せることに驚きました。

・音楽では「ド・レ・ミ」だけど、箏の楽譜は「一・二・三」となっていることが分かりました。

・はじめは、弾くのが大変で難しかったけど、最後には上手く演奏できて嬉しかったです。

 

高岡市人権教室

6名の人権擁護委員をお招きして、5・6年生を対象に高岡市人権教室が行われました。

 

 

 

 

 

自分らしく人間らしく、幸せに生きる権利が人権です。考え方がそれぞれ違う相手を理解し認め合い、自分にできることを行うのが「人権を尊重する」ということです。

今日は、平成7年に下関小学校の4年生が制作した人権紙芝居「花さき山」を見た後、児童が「心の花」について考えました。

分からなくて困っていたら教えてくれた。
失敗したとき、頑張れと応援してくれた。
遊びに誘ってくれた。
友達が、トイレのスリッパを並べていた。
友達が休んだとき、心配した。
給食じゃんけんで勝ったけど、友達が悔しがっていたのでゆずってあげた。など、「心の花」が咲いた瞬間についてたくさんの発表がありました。

「『親切にしてあげたら、相手が喜んだ』『親切にしてあげたら、自分の喜びになった』。この『思いやりの心』で『心の花』が咲く」と、人権擁護委員の方からお話がありました。
どんどん「心の花」を咲かせて、西条小学校のみんなが幸せになってほしいですね。

和の郷 高岡を訪問

先週13日に5年1組、今日21日に5年2組が校区の特別養護老人ホーム「和の郷 高岡」を訪問しました。

子供たちはこれまで、総合的な学習の時間で「にこにこふれあい隊」として、どのような取組をすれば、お年寄りのみなさんに喜んでもらえるのか考え、話し合いながら準備してきました。

合唱や弥栄節を披露したり、一緒に折り紙をしたりしながら交流しました。

 

  

利用者の方も、子供たちも笑顔があふれる一時でした。

子供たちの貴重な学習の場をいただいた「和の郷 高岡」のみなさん、本当にありがとうございました。

感謝の気持ちを歌にのせて

28日に行われる「パトロール隊感謝の集い」で歌う全校合唱の練習が今朝から始まりました。

各教室に歌詞カードを持っていき、一緒に歌い、アドバイスや感想を伝えるなど、5年生がリーダーとなって取り組んでいます。

   

歌詞には、パトロール隊のみなさんへの感謝の気持ちがたくさん込められています。

28日にご来校いただけるパトロール隊の皆様、子供たちの合唱を楽しみにしていらしてください。