高岡市人権教室

6名の人権擁護委員をお招きして、5・6年生を対象に高岡市人権教室が行われました。

 

 

 

 

 

自分らしく人間らしく、幸せに生きる権利が人権です。考え方がそれぞれ違う相手を理解し認め合い、自分にできることを行うのが「人権を尊重する」ということです。

今日は、平成7年に下関小学校の4年生が制作した人権紙芝居「花さき山」を見た後、児童が「心の花」について考えました。

分からなくて困っていたら教えてくれた。
失敗したとき、頑張れと応援してくれた。
遊びに誘ってくれた。
友達が、トイレのスリッパを並べていた。
友達が休んだとき、心配した。
給食じゃんけんで勝ったけど、友達が悔しがっていたのでゆずってあげた。など、「心の花」が咲いた瞬間についてたくさんの発表がありました。

「『親切にしてあげたら、相手が喜んだ』『親切にしてあげたら、自分の喜びになった』。この『思いやりの心』で『心の花』が咲く」と、人権擁護委員の方からお話がありました。
どんどん「心の花」を咲かせて、西条小学校のみんなが幸せになってほしいですね。

福祉弁当配り

秋晴れの爽やかな天候のもと、5年生、6年生がそれぞれの地区に分かれて、民生委員の方や福祉活動員の方々と一緒に、一人暮らしのお年寄りの家へお弁当を届けに行きました。

「寒くなってきましたがかぜなどをひいておられませんか。」

「お弁当を食べて元気にお過ごしください。」

と子供たちからお弁当を受け取られたお年寄りの方々は、とても喜んでおられました。

お年寄りも、子供たちも笑顔でお話をしている姿がとても微笑ましい光景でした。

お世話していただいた地域の自治会長様、民生委員、福祉活動員の皆様、ありがとうございました。

万葉集全20巻朗唱の会 出演

10月6日(土)「第38回高岡万葉まつり」のイベントの一つ「第29回万葉集全20巻朗唱の会」に6年生3名が参加しました。高岡古城公園内の濠に設けられた特設水上舞台で、万葉集巻10第2059番から2061番を3名の児童が大きな声で堂々と表現しました。

人波作戦

9月21日(金)~9月30日(日)の「秋の全国交通安全運動」に合わせて、5・6年生が、玄関前の道路で交通安全を呼びかけました。

スローガン ◆
 ゆずりあう 心でひろがる 無事故の輪