校外児童会

今日の3限目、校外児童会が行われました。

町内別に子供たちが中心となり、冬休みの生活等について危険な遊びや場所などを話し合いました。下級生をお世話する6年生や班長の立派な姿も見られました。

これから雪の降る時期に入ります。安心安全には十分気を付けて過ごしたいものです。

高岡市人権教室

6名の人権擁護委員をお招きして、5・6年生を対象に高岡市人権教室が行われました。

 

 

 

 

 

自分らしく人間らしく、幸せに生きる権利が人権です。考え方がそれぞれ違う相手を理解し認め合い、自分にできることを行うのが「人権を尊重する」ということです。

今日は、平成7年に下関小学校の4年生が制作した人権紙芝居「花さき山」を見た後、児童が「心の花」について考えました。

分からなくて困っていたら教えてくれた。
失敗したとき、頑張れと応援してくれた。
遊びに誘ってくれた。
友達が、トイレのスリッパを並べていた。
友達が休んだとき、心配した。
給食じゃんけんで勝ったけど、友達が悔しがっていたのでゆずってあげた。など、「心の花」が咲いた瞬間についてたくさんの発表がありました。

「『親切にしてあげたら、相手が喜んだ』『親切にしてあげたら、自分の喜びになった』。この『思いやりの心』で『心の花』が咲く」と、人権擁護委員の方からお話がありました。
どんどん「心の花」を咲かせて、西条小学校のみんなが幸せになってほしいですね。

西条っ子わくわくミュージアム

1階廊下に、児童の作品を掲示した「わくわくミュージアム」のコーナーができました。各学年から選ばれた作品が展示してあります。
作品をつくった友達のよさを見付けるとともに、作品のよいところを今後の製作活動に生かしてほしいと思います。

ご来校の際には、ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

左側画像1の拡大写真

左側画像2の拡大写真

右側画像の拡大写真

あいさつの輪を広げよう!

 

 

 

 

 

冬の足音が近づいてきました。学校では用務員さんがきれいに生け垣の雪囲いをしたり、暖房の試運転を行ったりしながら少しずつ冬支度をしています。

今日から「あいさつの輪を広げよう」運動が始まりました。初日は5年生が児童玄関前に出て、大きな声であいさつ運動をしました。朝の寒さを吹き飛ばすほどの、元気のよいあいさつの声が響いていました。

 

引き渡し訓練

11月15日の学習参観後には、不審者侵入を想定した引き渡し訓練を実施しました。

今年度に入り、子供の命に関わる事件や事故、自然災害が数多く発生しております。

本校では4月より①火災、②地震、③不審者対応を想定した避難訓練を実施し、自分の命を守るためにどう行動すべきかについて訓練を通して考えてきました。今後も、子供の安心・安全を守るために、非常の事態に備えた対応に努めて参ります。

ご多用の中、ご来校いただき、心より感謝申し上げます。

ふいご祭見学

3年生は、総合的な学習で「地域のすてき」を見付けています。その一環として、11月8日(木)に有礒正八幡宮で行われた「ふいご祭」を見学してきました。

 

「ふいご祭」は、鋳物の神に感謝を捧げる祭です。
古くから鋳物師たちは、ふいご祭の日に「みかん」を振舞ってきました。このみかんを食べると風邪やハシカに罹らないと伝えられています。3年生の児童にも丸いお餅とみかんが振舞われました。

各種メディアの取材がありました。見逃した方は、こちらをクリックしてください。

北日本テレビ  

高岡ケーブルテレビ

高岡ケーブルテレビ 高岡-iニュース

ふれあいタイム

水曜日の昼休みは、ふれあいタイムです。いつもに比べてたっぷりと休み時間がとれます。

2階プレールームでは、4年生がくるみちゃんと触れ合っていました。

 

そばでは、1年生が鉄棒遊びに夢中になっていました。1年生とは思えない難しい技にも挑戦していました。