プール清掃

高学年でプール清掃を行いました。

5年生は、更衣室とトイレを整頓したり掃いたりしました。

6年生は、プールサイドをデッキブラシで磨いたり、溝をブラシでこすったりしながら汚れを落としていきました。

最後に、みんなでプールの中や壁面を磨きました。

みんなで力を合わせて掃除し、とてもきれいになりました。

きれいなプールで来週28日に予定しているプール開きを迎えることができそうです。

6年 風鈴作り

6年生は「ものづくり・デザイン科」で金屋町の「利三郎」さんに行き、職人さんに教えていただきながら錫の風鈴を作っています。

今日は、前回作った砂型に自分たちでデザインした文字や模様を彫る作業をしました。

 

オリジナルの風鈴の完成を想像しながら熱心に作業し、次回の鋳込みに期待を膨らませていました。

6年 鋳物資料館見学

6年生は、「ものづくり・デザイン科」の授業で金屋町の鋳物資料館へ見学に行きました。

鋳物制作の過程を映像で学習した後に、資料館の中を見学しました。

様々な作品を見て、今後の風鈴作りにも関心を高めたようです。

また、昔の鋳物職人になりきって掛け声を出し、息を合わせながら楽しそうにたたら踏みを体験していました。

第1回代表委員会

今年度最初の代表委員会を行いました。

 

前期の各委員会委員長や3年生以上の学級代表が集まり、児童会スローガンと運動会のスローガンについて話し合いました。

運営委員会や委員長が提案した案をもとに、各学級の意見を学級代表が発表し、意見を集約して決めました。

よりよい学校にするためにどのようなスローガンにしようか、代表の児童が真剣に話し合う姿が見られました。

連合運動会

市内全ての小学校6年生が集まり、連合運動会が行われました。

100メートル走、60mハードル走、学級対抗リレーが行われ、子供たちは練習の成果を発揮しました。

  

6年 夢の実現に向けて

元全日本男子バドミントン部監督を務められた今泉勉先生をお招きし、6年生に向けてお話をしていただきました。

東京オリンピックのテレビで、世界の国々の選手の輝く表情を見て、一念発起し次の日にバトミントン部に入部したそうです。高校1年生の秋という、今の時代では信じられないほどの遅めのデビューでした。
最初の頃は、下級生に負けたくないという思いで、練習量では負けないという目標を立てたそうです。大学に入ると同じ大学の同級生には負けたくない、全国にいる同級生には負けたくないと目標を立て、地道に努力を続けた結果、大学チャンピオンになったそうです。そして、海外で試合をする先輩を見て、自分も日の丸を背負って海外に出てみたいと夢をもち、それを実現されました。

 

そんな今泉先生が日頃から心がけてきたことは、

1、夢と目標を区別する…夢は大きくもっていいが、目標は身近なところで具体的にもつ
2、常にゲーム感覚を磨く…何のための練習かを考えて取り組む

ということでした。ランニングをするにもただ走るのではなく、コートの中で走る姿をイメージして走ったそうです。シャトルを打つにも絶えずコースや高さを意識して打ち込んだそうです。

6年生からは、「ピンチの時はどんなことを考えてきましたか。」という質問がありました。今泉先生は、「自分のしてきたことに自信をもつ。負けは、次は同じ間違いをしないように気を付ける薬となる。」と答えられました。
また、「今の夢は?」という質問には、横田今町の自治会長をしておられる今泉先生は、「町内の人が幸せに過ごす。トナミ運輸の選手がオリンピックに出てメダルを取る」と答えてくださいました。

バドミントンだけでなく、他のスポーツや勉強、自分の生き方や行動にも共通する考え方だと思って話を伺いました。これから成長して大人になっていく6年生の皆さんの生き方の参考になる素敵なお話でした。

サンキュー清掃

6年生は今日で、卒業まで登校する日が11日となりました。

お世話になった方や学校に感謝の気持ちを伝えようと様々な活動に取り組んでいます。

今日は「サンキュー清掃」として、グループごとに特別教室の清掃をしました。

  

普段、なかなか手の届かない棚の上や黒板の上、ロッカーの中などを協力して掃除しました。

 

6年間の校舎やその教室での思い出を語り合いながら気持ちを込めて活動する姿が見られました。

普通教室のサンキュー清掃も計画しています。

 

 

5・6年生スキー学習

5・6年生はタカンボースキー場へスキー学習に行ってきました。

子供たちは、講師の先生方の話をしっかりと聞き、友達と助け合いながら楽しくスキー学習に取り組みました。スキーが得意な子も、初めて滑った子も確実に上達し、スキーの楽しさや大自然のすばらしさを味わうことができました。

ご指導いただいた講師の皆様、用具の準備等ご協力いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

 

高岡西部中学校の出前授業

5時間目、6年生は中学校の先生の出前授業を受けました。

1組は金田先生の数学です。「ブラックボックスを利用して、関数の意味を理解しよう」と、クイズ形式で問題を解きながら、関数とはどんなものなのか考えました。

2組は平島先生の国語です。「『りんご』の詩を味わおう」と、詩の暗唱や気付いたことの書き込みをし、作者の気持ちを考えました。

どちらの授業も、子供たちはとても意欲的で熱心に取り組んでいました。中学校入学を前に、子供たちが中学校の授業の仕方や進め方等に触れるよい機会となりました。