3年 リコーダー講習会

3年生は、2限にリコーダーの先生をお呼びしてリコーダー講習会を行いました。

榊仁美先生は子供たちの持っているリコーダーと同じソプラノリコーダーで、口笛ポルカやとなりのトトロ、マリオの曲などを演奏してくださいました。

自分たちの知っている曲が流れるたびに、友達とにっこり笑顔を交わし、リコーダーの美しい音色にさらに引き込まれているようでした。中でもピタゴラスイッチの有名な曲が、リコーダーで演奏されていたことを初めて知り、次に聞くのが楽しみになりました。

 

次にリコーダーを吹く前の準備運動を教えていただきました。タンギングを上手にできるようにするために、トゥトゥトゥの口で挨拶をしてみたり、口の前に指を置いて息の強さを調節したりしました。

 

リコーダーをカバーから出して自由の女神のポーズをしてから左手と合体して耳の横へ・・・。リコーダーに息を吹き込まなくても、しっかり穴がふさがっていれば指を動かすだけで音がでることを初めて知りました。

今日は、「シ」の音を使って練習したトゥトゥトゥの口で挨拶をしました。タンギングが前より上手になって嬉しそうでした。

最後に、先生がいろいろな種類のリコーダーを紹介してくださいました。

アルトリコーダー、テナーリコーダー、そして1番子供たちが驚いていたバスリコーダー。大きな楽器になればなるほど音が低くなっていくので、その音に合う曲を演奏してくださいました。中でも「パプリカ」と「ひまわりの約束」は、思わず口ずさんでしまうほど楽しい気持ちになる演奏でした。

3年生は、まだソ、ラ、シ、ドの音しか習っていませんが、榊先生の演奏を聴いて「自分もいつか弾けるようになりたい。」と感想を教えてくれた子供たちがたくさんいました。これからの音楽の授業でリコーダー練習をするのが楽しみです!

6年 連合運動会

高岡市の6年生が集い、城光寺陸上競技場で高岡市連合運動会が開催されました。

晴天の中、6年生は100m走と60mハードル走、学級対抗リレーなどに出場しました。

この日に向けて、春から陸上練習に取り組んできた6年生は、自分の力を出し切ろうと精一杯ゴールまで走りきる姿や、仲間を大きな声で応援する姿が見られました。

切磋琢磨しながら高め合う姿に、6年生としての成長を感じました。

 

4年 二上宿泊学習

昨日、今日と、4年生は宿泊学習へ行ってきました!

初めての宿泊学習に胸を躍らせながら、大自然の中でたくさんの活動を行ってきました。

 

①高岡広域エコ・クリーンセンターの見学、新聞作り

高岡市・小矢部市・氷見市の燃やせるごみの処理を一手に引き受ける高岡広域エコ・クリーンセンター。

ごみの処理だけではなく、排出されてしまうにおいや排ガスが環境を汚染しないようにしていること、燃やして出た熱を発電に利用していることなど、様々な工夫を知りました。

  

②追跡ハイキング

二上山の中を、目印をたよりに歩いてまわり、自然を感じながら数々のクイズに挑戦しました。

「そこ、滑りやすいから気を付けて」「もうちょっとだよ、がんばろう」とお互いに声をかけながら協力している姿がたくさんあり、これまで以上に友情を深めたようでした。

二上山では、鳥の鳴き声に耳を傾けたり植物の名前を知ったりと、自然の中ならではの学習ができました。

   

③キャンドルの集い

夜にはキャンドルの集いを行いました。

第1部では、厳粛な雰囲気の中で、4人の誓詞者が「知性の火」「勇気の火」「友情の火」「希望の火」の4つの火を営火長からいただき、家族や友達に感謝し、これからの生き方について述べました。

第2部では、楽しく歌やゲームを行い、交流を深めました。

今後も声をかけ合い、協力して学校生活を送ることができそうです。

   

④イニシアティブゲーム

2日目は、班で協力して様々な課題を乗り越えていくイニシアティブゲームを行いました。

「人間知恵の輪」や「ラインナップ」など、班の友達との協力なしにはクリアできないものばかりでしたが、これまで班の友達と一緒に行う活動を繰り返してきた子供たちは、難なく課題をこなしていきました。

昨日の疲れなどないかのように、元気いっぱいに活動していました。

 

⑤野外炊飯焼きそば作り

宿泊学習最後の活動は、野外炊飯でした。

子供たちは炊事係とかまど係に分かれ、協力して焼きそば作りに挑戦しました。

炊事係はにんじんやピーマン、キャベツを食べやすい大きさに切りました。

かまど係は火をおこし、炊事係が切ってくれた野菜や麺を焼きました。

おそるおそる包丁を使ったり、煙に涙を流したりしながらみんなでつくった焼きそばを、どの班もきれいに食べきりました。「すごくおいしい」「もっと食べたい」など、自分たちでつくった焼きそばは特別な味だったようです。

   

 

この他にも、みんなで入ったお風呂や、協力してベッドメーキングをしたこと、一緒に寝たことなど、たくさんの思い出ができた宿泊学習だったと思います。

楽しかったことやおもしろかったことなど、いろいろな体験談を話題に、子供たちのがんばりを聞いてみてください。

   

   

県民一斉防災訓練~シェイクアウトとやま~

富山県では、地震発生直後の身を守るための安全確保行動を身に付けるために
「県民一斉防災訓練~シェイクアウトとやま~」を実施しています。
今日は全校一斉に「まず低く」「頭を守り」「動かない」など身を守るための正しい行動がとれるように訓練を行いました。
防災週間を機会に日頃の防災意識を見直してみましょう。

第2学期始業式

9月2日(月)、第2学期始業式が始まり、元気な子供たちの笑顔が戻ってきました。

校長先生からは、西条小学校の「あいうえお」についてのお話がありました。

あいさつ…「ありがとう」という挨拶を広めてほしい。地域の方にも声や態度で感謝の気持ちを表してほしい。

んどう…自分自身の目標をもってあきらめずに毎日練習を続けている。勉強にも通じるところがある。脳みそも鍛えてほしい。

…本当の笑顔をつくるには、心からうれしい、楽しいという気持ちが大切。友達が困っているのを見て笑っているのは笑顔ではない。友達と苦労を乗り越えて、溢れてくるのが本当の笑顔である。

ご家庭でもご協力をお願いいたします。

5年生「自分にできるボランティア」

8月9日(金)、5年生が、「総合的な学習の時間」の一環として介護老人保健施設を訪れました。
歌や踊りを披露したり、利用者の方と一緒に風船バレーやかるた、折り紙やぬり絵をして楽しみました。

利用者の方に楽しんでもらえたことがうれしく、次の活動への意欲も高まったようです。